浮気を繰り返す原因は病気?

 > 
浮気を繰り返す原因は病気?

浮気することは病気と関係がある?

いきなり結論を言いますと、頻繁に浮気を繰り返す人と病気には基本的には関係はありません。

簡単に言うと、病気ではなく「性格」や「人間性」における問題であり、さまざまな相手と遊びたいと考えているだけ、と言えます。

特に男性はその傾向が強く、二股や三股をかけている人は実際に大勢います。

オスとしての魅力をアピールしたい、とにかく性的交渉を持つのが目的、パートナー以外の女性と会うことに刺激を感じる、などなど。

これらは性格的な問題ですから、治らない人は治らないと考えてよいでしょう。

人間ならば一度くらいの失敗はあるかもしれませんが、何度も続くようでは相手から愛想を尽かされるのは仕方ありません。

最近は何でも病名をつけて病気のせいにしてしまうケースが見受けられますが、そこに逃げてしまうのは良くないですし卑怯とも言えます。

浮気をする原因はあくまで自分にあるのですから、自分で反省して繰り返さないようにする必要があります。

言い訳をする癖がついていると、別れたあとに復縁するのは簡単ではありません。

パートナーも疑心暗鬼になっていることが多く、元の関係に戻っても以前のように楽しく過ごせなくなる可能性があるでしょう。

結果的にデメリットしか招きませんから、パートナー以外の相手とは関係を持たないのが一番です。

病気というよりストレスが関係?

浮気と病気には明確な関連性はありませんが、ストレスは少なからず関係していると言われています。

人間はストレスを感じると、ストレスを解消したいと強く思うものです。

その方法は人によって異なりますが、パートナー以外の異性に目を向けてしまうケースはあります。

密会することにこの上ない刺激や緊張感を覚えてしまい、やみつきになるという人は実際にいるのです。

一般的に男性のほうが刺激を求める傾向がありますが、最近は女性がパートナー以外の異性を求めるケースが少しずつ増えてきています。

これには女性が社会進出をし、男性と同様にストレスを抱えるようになったからだと言われています。

ストレスがピークに達すると自律神経のバランスが崩れますし、物事を冷静に判断できなくなりがちです。

その結果、悪いことだとわかっていても、ついつい恋人や配偶者以外の異性と付き合ってしまうケースはあります。

特に仕事のストレスを感じやすい人は異性との遊びに走ってしまうことが多いですので、自分の行動には注意する必要があるでしょう。

精神的に病むことは関係がある?

病気というほどではなくても、精神的に不安定になっているときは人肌が恋しくなることがあるのが人間です。

人間には理性が備わっていますが、ときに理性が負けてしまうことがあります。

例えばパートナーとの関係がうまくいっていないとき、喧嘩をしてイライラしているとき、などは出来心で浮気に走ってしまう人がいます。

人間は過ちを犯す生き物ですから、悪いと思っていることでも行動に移してしまうことはあるのです。

パートナー意外の異性が欲しくなる場合は、精神的に何か満たされていない部分があるのかもしれません。

また、メンタルが不安定なときは注意してください。

もし鬱病などになってしまうと物事を冷静に判断できなくなり、遊び相手を何人も抱えるという状況になる可能性も考えられます。

メンタルが不安定になっている状態は自分で自覚できますから、早めに対処していく必要があるでしょう。

疲れていたり慢性的なストレスを抱えていたりする状態は好ましくありません。

まずはしっかりと睡眠を確保して、脳をすっきりさせてください。

脳が疲れていると判断力や理性が正常に働かなくなり、パートナーとのトラブルを引き起こす原因を招きやすいです。

関連項目