LINE(ライン)と浮気調査

 > 
LINEと浮気調査

LINEを浮気の証拠にするためのポイント

今やほとんどの人がスマートフォンを持つ時代になり、様々なことが大変便利になった反面、浮気もしやすくなったという実情があります。

以前ならメールのやり取りでも浮気は可能でしたが、メールは打つのにある程度の時間がかかるため、パートナーの前で行うのは無理な場面がありました。

しかし、スマホアプリ「LINE(ライン)」の場合は短時間でやり取りを終えることができますので、多少危ない場面になったとしてもシラを切ることができます。

そのため浮気の際に使うツールとしてLINEが多用されているとも考えられます。

実際にパートナーがLINEを使って浮気をしているかもしれないと分かった時、一体どのように浮気調査すれば良いのか、LINEを浮気の証拠とするためのポイントを記載しました。

LINEの簡単な浮気調査方法

まず、LINEを使って浮気をしている場合、パートナーの行動にこれまでとは違った行動が見られるようになるはずです。

  • スマホを置きっぱなしにしなくなる
  • スマホを家の中でも手放さない
  • スマホ画面が見えないように下向きに置いている

例えば以前なら自宅にいるときはその辺に置いておいたスマホを置きっぱなしにしなくなる、家の中のどこへ行くにも手放さないなどの動きが現れます。

これは自分のスマホを見られないように守るためと相手からのLINEを待っている可能性が考えられ、あるいは一人になれた時を見計らってLINEしようとしていることもあり得ます。

またどこかにスマホを置いているときでも、通知が来た際に画面が見えないように下向きに置いていれば、かなり怪しいと考えていいでしょう。

LINEは浮気の証拠になるのか

パートナーが浮気をしている場合、なんらかの方法で浮気相手とやり取りをしているはずです。

そのやり取りの手段として最も頻度が高いのはやはりLINEであり、そしてそれらしきやり取りを目にした場合、果たしてLINEが持つ浮気を実証する力というのはどれくらいあるのでしょうか。

まず言えることは「LINEのやり取りだけでは確実に浮気をしていると断言できない」ということです。

なぜなら、やり取りの内容を見れば十分に浮気の可能性が考えられるとしても、なんとでも言い逃れができてしまうという面がLINEにはあるからです。

相手が異性でその人物の家に泊まったとしても「単なる友達」と言い切られればそれまでですし、たとえ「昨日は気持ち良かったね」とハートマーク付きであったとしても、それが具体的に何を示しているかを証明できなければ証拠とするのは非常に難しいと言えます。

LINEでの浮気の証拠集め

LINEが全く浮気の証拠にはならないというわけではありません。

  • 相手とやり取りされた画面をスマホごと撮影
  • LINEデータの一括ダウンロード
  • 相手の写った画像データ 等

まず、LINEを浮気の証拠とするには、LINEでやり取りされた画面そのものを撮影し、必ず別のメディアに保存して残しておきます。

デジタルデータでの転送は改ざんやねつ造を指摘されれば終わりですので、必ず相手のスマートフォンの画面そのものを撮影することが大切です。

またLINEの一括ダウンロードが有効ですので、可能であれば行っておきましょう。

そしてこの後は、他の証拠集めを行うことが重要になってきます。

  • レストラン、ホテル、プレゼント等の領収書
  • クレジットカード明細 等

たとえばLINEのやり取りがあった前後に、レストランやホテルの領収書がある場合や、クレジットカードの利用が確認できた場合も有力な証拠となり得ます。

贈り物をしたと思しき買い物の内容が記された領収書なら、LINEが届いた日付と照らし合わせることで浮気をしている可能性が高まるからです。

特にラブホテルの領収書は非常に有力な証拠となります。

実際に関係を持つほどの親密な間柄になれば、イチャイチャしている写真や性交渉をしたと分かる内容が見つかることも大いに考えられます。

関連項目