浮気相手を好きになる理由と対処法

 > 
浮気相手を好きになる理由と対処法

ちょっとしたきっかけで浮気相手を好きになる、その理由

遊び気分で浮気した相手を本気で好きになるケースはよくあることです。

そもそも相性というのは付き合ってみるまで絶対にわかりません。相性が最高だと考えていても、実際に付き合ったら合わないことは普通にあります。

結婚相談所を例にするとよくわかりますが、データマッチングだけで互いの相性は見えてきません。

最終的に何度かデートを重ねて、会話を繰り返さないと相性は見えてこないのです。

それゆえ最初はあまり興味のない異性と遊び心で付き合い、そのまま本気で好きになることは実際にあり得るのです。

付き合ってから好きだと感じたならば、その気持ちはすべて本心でしょう。

好きになる浮気相手の特徴とは

人間は誰しも自分を必要としてくれる相手を好きになります。

自分のことを尊重してくれる相手がいたなら、付き合いたいと思ってしまうのは自然な心理です。

自分の話をよく聞いてくれる、自分を認めてくれる、といった異性に好意を持たない人はいないでしょう。

つまりパートナーが持っていないもの、または持っていたけど今は失ったもの、などを持っている異性に惹かれてしまうわけです。

人間は自分が求めているものを相手が持っているとき、好きになってしまうことが多いのです。

身体の相性が最高に良い

恋人や夫婦関係を良好に維持するためには、身体の相性が大切だと言われています。

こればかりは実際に性交渉を持たなければ絶対にわからない部分です。

最初はそれほど好きではなかったけど、肉体的な関係を持ったら相性が最高で、そのまま付き合うことになったというケースは多いです。

特に男性にとって身体の相性は非常に大切であり、中には容姿以上に重要だと考える人もいます。

外観を好きになってもすぐに飽きると言われていますが、内面を好きになった場合は関係が長続きしやすいです。

内面を好きになる浮気に関しては、抜け出すのが簡単ではありません。

何ヶ月も何年もそうした関係を続けて、パートナーにバレるケースは多いです。

ひとたびバレてしまうと、許してもらうか別れるしか選択肢はありません。

パートナー以外の異性と付き合いする場合は、そのリスクを十分に知っておく必要があります。

パートナーとの関係が悪化しているときは注意

パートナーと喧嘩しても、付き合い始めのころは翌日には忘れているという人が多いでしょう。

しかし長く付き合っていると、次第に相手のことを許せなくなってくることがあります。

付き合いが長くなってくると、相手のよい面だけでなく悪い面も見えてくるようになります。

そうしてパートナーに対してメリットよりデメリットが上回ると、新しい相手が欲しくなってしまうのです。

特に喧嘩をしたあとは仕返しの意味もあって、異性遊びに走ってしまう人が少なくありません。

ちょっと気になる相手がいたなら、出来心で遊んでしまうケースはよくあることです。

浮気相手を好きになった場合の対処法

浮気相手を本気で好きになってしまった場合は、パートナーか浮気相手のいずれかとの関係を断ち切るしかありません。

両者との関係を続けていてもいずれバレてしまうでしょう。

特に女性の勘は男性が思っているより鋭く、嘘は一発で見抜かれてしまうことが多いです。

人間は嘘をつくと態度や雰囲気・言動などに出てしまうのです。

それが常に一緒にいるパートナーの目であれば、なおさらごまかすのは難しいでしょう。

多分バレないと安易に考えていても実際はバレるケースが多いです。

バレてから対処する人は多いですが、その前に浮気相手との関係を終わらせておくのが得策でしょう。

そして二度とそのような行為に走らないと自分に反省するのです。

相手にバレてしまってからでは、別れ話を言い出される可能性があります。

関連項目