浮気調査Q&A

 > 
浮気調査Q&A

浮気調査Q&A

一度も探偵に依頼をしたことがない方の場合、浮気調査についてはおそらくわからないことだらけではないでしょうか。

そこで浮気調査に関する主なご質問とその回答をいくつか下記にまとめてみました。

相談は本当に無料なのか?

ご相談は無料です。

例えば弁護士事務所で法律相談を受けると相談料がかかりますが、探偵業界では基本的に相談料のかかる事務所はありません。

もし、相談料を取る探偵事務所があれば、その事務所にご相談されるのはおやめになった方が宜しいかと思います。

相談の方法は?

まずはフリーダイヤル(0120-132-417)によるお電話かEメールにてご相談下さい。ご相談の段階では匿名や仮名でも構いません。

また、フリーメールアドレスによるお問い合わせも可能です。

正式に依頼する時はどのような形で行われるのか?

面談を行い、調査契約書の取り交わしをさせて頂きます。

原則として、日時の予約をお取り頂いた上で当社の事務所にお越し頂くことになりますが、ご都合の宜しい場所で担当者と会い、契約を取り交わすことも可能です。

調査料金の支払いはどのような形で行われるのか?

調査料金は基本的に「後払い方式」となります。

後払い方式とは、契約後にまず調査を行い、調査完了後に料金をお支払い頂く方式です。

御依頼案件の調査報告書と引き替えとなりますが、直接のお支払いがお振り込みによるお支払いかをお選び頂くこともできます。

調査開始の日時はどのように決まるのか?

御依頼者様のご希望の日時で決定致しますが、相談担当者の判断でよりよいと思われる日時をご提案をすることもございます。

いずれにしても御依頼者様が最終的に決定することになります。

調査終了・延長の仕組みはどうなっているのか?

調査終了は御依頼者様の希望で決定致しますが、当社には最低のご契約時間(4時間)があり、4時間までは料金は変わりません。
(※「調査料金表」をご参考下さい。)

4時間を超える調査時間は延長となり、延長料金が発生致しますが、延長するかどうかも御依頼者様のご希望によります。

担当者から調査状況をお伝え致しますので、延長するかどうかをご判断下さい。

浮気調査を依頼するのに必要なものは?

尾行を行うには基本的に調査対象者の顔写真が必要となりますので、大変お手数ですが顔写真(できるだけ最近のもの)を数枚程度ご用意下さい。

また、調査を行うには開始場所・日時を決定する必要がございますので、事前にいくつかの候補をご用意いただけますようお願い致します。

浮気調査はなぜ2名で行われるのか?1名ではダメなのか?

当社だけでなく、多くの探偵事務所が「調査員2名から」としていることに疑問を感じる方は多くいらっしゃるかもしれません。

できるだけシンプルにご説明を試みますと以下のようになります。

仮に調査員1名で行った場合の代表的なリスクとして「出入口が2つ以上ある建物」に尾行対象者がいるケースがあります。

調査員が建物の中に入れないとすれば、外で張り込みを行うしかないのですが、例えば建物の裏表に出入口が2つある時点で対象者を確認できる確率が50%程度になってしまいます。

対象者の自宅マンションや勤務先で非常によくあるケースですが、浮気調査の代表的な開始場所がまさに自宅マンションや勤務先であり、最初から大きなリスクがあるのがわかっていながら調査を行うのはトラブルの元になります。

探偵業界の基準が「調査員2名から」ということにはこのような理由があります。

浮気相手について調べることはできるのか?

もちろん可能です。

対象者が浮気相手と会った場合、別れた後に尾行対象を浮気相手に切り替えて帰宅先を判明させることもできます。

弁護士を紹介してもらうことはできるのか?

当社に調査を御依頼頂いた方でお望みの方に顧問弁護士をご紹介致します。

弁護士の紹介のみという形では、大変申し訳ございませんがご紹介することはできません。何卒、ご了承をお願い致します。

関連項目