GPSで浮気調査をする

 > 
GPSによる浮気調査

GPSで浮気調査をする

探偵の浮気調査ではGPSが用いられることがあります。

「GPS」とは・・・

GPSとはグローバル・ポジショニング・システムの略で、衛星からの信号を受信者が受け取り、受信者の現在位置を取得できるシステム。

なぜGPSが用いられるかというと、対象者の位置情報を取得することによって尾行の補助とすることができるからです。

もしくは尾行を実施していない時、対象者がどのような動きをしているかを確認することもできます。

「そんなことしていいの?」という疑問をお持ちの方もいるかと思いますが、子供の見守りにGPSが実用化されていますし、 自らの配偶者の位置情報を知る分にも特に違法とはならないとされています。

GPSの種類

  • ・GPSロガー
  • ・リアルタイムGPS
  • ・GPSアプリ
  • GPSロガーは徒歩や車両で動いた軌跡を後で確認できるものです。但し、どこに立ち寄った等の詳細が正確にわからない場合が多いです。

    従来のGPSは1回の検索に時間がかかるため多少のタイムラグが発生しますが、リアルタイムGPSはよりリアルタイムに連続的に位置情報を取得できるものとなります。

    これらは目的や状況によって使い分けがされています。

    GPS監視ができるアプリがありますが、他人のスマホにGPS・監視アプリを無断でインストールする行為は「不正指令電磁的記録に関する罪」となります。

    配偶者のスマホにインストールして逮捕された例もありますので、おすすめはできません。

    GPS(位置情報)だけでは証拠にならない

    手軽に浮気調査ができる方法として、GPSのレンタルを行っている業者もいるようですが、 GPSの取り付けなどにはコツがあり、慣れてない方だとGPSが相手に発覚してしまう方法をとることがあります。

    また、ご自身で配偶者の位置情報を取得するだけでは、どんなに怪しくても浮気の証拠とすることはできません。

    仮にラブホテルに位置情報が出たとしても、そこに相手が一緒にいるのか単独行動なのかを断定することができないからです。

    強引な言い逃れとして、そこにいるのが本人ではなく、GPSを仕掛けたものを借りた別人だったということもできるかもしれません。

    GPSには誤差が出ることもあります。隣の建物や路上にいたということもできるでしょう。

    結局のところ位置情報だけで実働を伴わない方法では、確実な証拠を手に入れることができないのです。

    ※関連項目

    浮気の証拠

    浮気調査の方法

    自分で浮気調査をする