旦那や妻がW不倫(ダブル不倫)をした場合

 > 
旦那や妻がW不倫をした場合

W不倫されてしまったら

近年、テレビやネットニュースでも不倫問題をよく目にするようになりました。

自分には関係のないことと思いがちですが、芸能人だけでなく一般人にも不倫しているという方も多くいます。

また、最近では「W不倫(ダブル不倫)」問題も取り挙げられており、双方の家族など多くの人を傷付けているというケースも見受けられます。

万が一、自分の大切なパートナーがダブル不倫をしていたら、どのように対処すればいいのでしょうか。

答えは人それぞれですが、知識として得ておきたい対処法をご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

浮気調査でW不倫の証拠を掴んでおく

自分の旦那さんや奥さんが不倫をしていたら、それは許せることなのでしょうか。

不倫の期間にもよるかもしれませんが、仮に原因が自分にあったとしても絶対に許せないという人の方が多く、やはり婚姻中の不倫は決して許されるものではないのでしょう。

浮気や不倫というパートナーからの酷い裏切り行為があると落ち込んでしまい、様々なことが苦痛に感じてしまうかもしれません。

しかし、パートナーに不倫をされていたという事実を知ったのであれば、いずれは話し合いの場をきちんと作ることが大切です。

パートナーの「浮気調査」をすることで多くの不倫の証拠を掴むことができます。

万が一離婚という結果になった時にも、こちら側に有利な証拠があれば妥当な慰謝料をパートナーと不倫相手から請求することが可能です。

不倫の証拠としてパートナーや浮気相手が言い逃れできないような確実な証拠を掴んでおくことが大切です。

パートナーに裏切られてしまうと感情的になって相手を責めてしまっても無理はありません。

しかし、決着がきちんとつくまでに感情的になってしまっては有利な立場を維持することは難しくなってしまうでしょう。

不倫の証拠を手に入れるまでは冷静に怒りを抑えて着々と進めることが大切です。

一方的にパートナーや浮気相手を責めてしまいがちですが、慰謝料や子どもの養育費をしっかりと貰うためにも不利な立場に立ってしまうことはおすすめできません。

不倫相手の家庭とのけじめを考える

ダブル不倫は自身の家庭の問題だけで済む話ではありません。自身だけでなく、浮気相手の配偶者も同時に傷付けられているということになります。

W不倫の相手にも家庭があり、ご自身と同じくパートナーと不倫相手の行為で多大な被害を被っています。

ここでいくつかの選択肢から決断を迫られることになります。

パートナーと離婚するか?離婚しないか?

不倫相手の家庭にダブル不倫の事実を知られないようにするかどうか?

相手方の家庭がまだダブル不倫の事実を知らなかったとしたら、不倫相手への慰謝料請求の手続きを行うことによって相手方の家庭に伝わってしまう可能性が高いです。

しかし、ダブル不倫は両方の家庭でけじめをつけなければズルズルと関係が続いてしまうおそれがあります。

W不倫をされた後

裏切られたという事実は辛く苦しいものですが、ダブル不倫をされてしまった人はその後どのように生きていくのが正解なのでしょうか。

実際にダブル不倫された方の今を見てみると、キッパリと離婚したという方、一度浮気をしたら癖になるのでもう信じることはできないとあきらめた方も多くいます。

パートナーからの誠意を感じることができずズルズルと夫婦関係を続くのであれば、キッパリと別れてしまった方が幸せな時間を過ごすことができるかもしれません。

関連項目