浮気調査 LINE転送

 > 
浮気調査LINE転送

浮気相手とのラインを証拠に残す方法

LINEは気軽なコミュニケーションツールとして普及していますが、誰もが使いこなせる便利なアプリを浮気相手とも使っている人は非常に多いです。

すぐにバレそうにも思えますが、そういう人ほど恋人や配偶者にもスマホに触らせない、見せない、履歴はすぐに削除するといった防備をしているものです。

もっとも、やけに警戒している様子が見られるときやこれまでは平気でスマホ画面をのぞかせてくれたりテーブルの上などに放置していた人が、常に肌身離さず持ち歩き、恋人や配偶者にも触れさせないようになったら要注意です。

中には無防備そうに見えて、実は浮気相手とLINEをしているケースもあります。

異性なのに同性のような名前で登録している場合や浮気相手を取引先や部下、同僚などの名称で登録しているケースがあるのです。

たとえば、浮気相手のA子さんなのに、A社○○さんとか、営業部△△さんといった具合です。

相手も浮気や不倫だと認識している場合には、会話内容までカムフラージュされています。

「今度のミーティングは×時でよろしいでしょうか。」とあれば、デートの待ち合わせをいつもの場所で×時ということかもしれません。

LINEのポップアップ通知

いかにカムフラージュしていても、おいそれとLINEのメッセージを恋人や配偶者に見せてくれる人はいないでしょう。

そこで、注目したいのがLINEを受信した際にスマホ画面に表示されるポップアップです。

機種によっては真っ暗に画面が落ちているときでもLINEの到着がサッと表示されたりします。

恋人や配偶者がたまたまスマホを残したままトイレに行った時や入浴時などに受信がないかをチェックしてみましょう。

同じ相手ばかりからLINEが入る、休日や真夜中なのに仕事の関係者らしい名前でLINEが入るというのはちょっと怪しいかもしれません。

LINEのトーク履歴を転送

もし、あなたがパートナーのLINEを見ることができたら、時間の制限はあるかもしれませんがまずはトークルームの履歴をくまなくチェックしてみましょう。

できれば、相手が寝ている間など、時間の余裕があるときに調査できると安心です。

ただし、未読の新規のメッセージは気になっても開かないようにしないと、あなたが勝手に見たことがすぐにバレる原因となります。

何より浮気を疑うなら過去の会話履歴を見つけることの方が重要です。

新着メッセージを見たい気持ちはグッとこらえて、これまでの履歴に疑わしいものはないか確認しましょう。

トーク履歴の転送方法

さて、浮気が疑われる会話やまさに浮気の内容を見つけたらどうしたらいいのでしょうか。

頭に記憶したところで相手を問い詰めてもシラを切られるだけですので、トーク内容を記録して証拠を残したいところです。

記録するのは悪いことのように思えますが、証拠をつきつけられてしまえば少なくとも言い逃れはできなくなります。

まず、記録したいトークを選択して画面右上にあるVマークから「トーク設定」を選び、歯車アイコンの「設定」 から 「トーク履歴を送信」を押しましょう。

するとメールアプリが起動しますので送信先にご自身のメールアドレスを入力して送信します。

そのうえでメールの送信履歴は必ず削除し、相手に気付かれないようにしておきましょう。

自分宛てに届いたトーク履歴は紛失しないように保存したのち、メールから削除しておいた方が無難です。

バックアップを取るなどして、いざという時の浮気の証拠としていつでも活用できるようにしておきたいものです。

関連項目