驚くべき男の浮気率について

 > 
驚くべき男の浮気率について

男は浮気願望が強い

地位も名誉もある政界人や財界人、そして芸能人の浮気に至るまで男の浮気に関するニュースが絶えません。

あるアンケートによるとそのほとんどに奥さんや恋人がいるにもかかわらず、実際に浮気をしていると答えた男の割合は3割~4割になりました。

つまりこれだけの男が浮気をしているという中で、浮気をしたいという願望がある男に至っては実に7割を超えています。

しかも残念なことに絶対浮気はないと答えた人が25%ほどに対して、浮気願望があり実際に実行したのが33%、願望はあるけどチャンスがないと答えたのが28%、そして浮気願望はあるけど勇気がないとの答えが14%を占めました。

  • 絶対浮気はない 約25%
  • 浮気願望があり実際に実行した 約33%
  • 願望はあるけどチャンスがない 約28%
  • 願望はあるけど勇気がない 約14%

この結果から鑑みると、2割ほどの男性を除いたほかの男性にはすべて浮気をする可能性があると考えて良いでしょう。

単に勇気がないだけで実行に移していない男も、何かのキッカケさえあれば浮気をすることが十分あり得ます。

女性が思っている以上に、男は浮気率が高いものだという認識を持つことが必要と言えそうです。

男の浮気は本能的なもの

男が浮気をするときの特徴として、複数の女性と浮気をすることが挙げられます。

特定の相手が1人いると答えた男に対して、特定の相手以外にも浮気相手がいると答えた割合が高く、本能的に男は浮気をしやすいと言えるでしょう。

しかも年代別に見ても20代から60代までと幅広く、最も多いのはやはり20代の若い世代ではあるものの、男の浮気に年齢は関係ないと言っても過言ではありません。

対して女性の浮気率を見てみたところ、すべての年代で8割の人がいないと答えました。

この結果からも明白なように、男が浮気をするのは本能が関係しているのかもしれません。

浮気に至るキッカケ

男性のおよそ半数が、浮気をしても絶対にバレないのなら浮気をしたいと考えているようです。

また実際に浮気をしたときにはキッカケがあり、それらが男を浮気に走らせてしまうことも少なくありません。

たとえば彼女や奥さんとけんかをしたとき、連絡を取らない場合や家に帰ろうとしない男がよくいます。

妻帯者の浮気相手に多い会社の同僚というのは、このようなときに優しくしてくれたことがキッカケで浮気になることがけっこう多いのです。

彼女との県下の場合は、知り合いの女性などに優しくしてもらうと浮気に発展することがよくあります。

女性にとってショックな理由としては、彼女や奥さんに飽きてきたということが挙げられます。

長年付き合っていると倦怠期に入り、お互いの関係がマンネリ化することも否定できません。

そんなとき刺激や出会いを求めるのが男というもので、実際に出会い系サイトやSNSを通じて女性と連絡を取り合うケースも増えています。

ほかにもキャバクラに通いだした場合や合コンに頻繁に参加するような行動に出たら、明らかに浮気相手を探していると考えても良いでしょう。

性欲がなくならないという特徴

女性は子育てや家事に追われ、仕事もしてくたくたになっていると、夫とのセックスが辛いときがあります。

しかし男の場合はいくつになっても性欲がなくならないため、妻に断られた夫は公然と他の女性と浮気をすることもあるほどです。

妻が拒む回数が増えても男の性欲は衰えませんので、セックスレスの夫婦には浮気男が多く見られます。

妻以外に好きな女性が現れたというわけではなく、ただ単に性欲を満たすためだけに浮気をしている男も少なくありません。

その一方で妻や彼女に女性らしさがなくなったとき、男は浮気をしがちになります。

恥も外聞もなくなったパートナーに嫌気をさして、もっと綺麗な女性を求めることも浮気の大きな理由となっています。

そして綺麗な女性が現れたときには、男が浮気をする確率はぐんと高まるのです。

関連項目