浮気調査 iPhone

 > 
浮気の証拠をiphoneで探す方法

浮気の証拠をiphoneで探す方法

どうも夫もしくは妻が浮気をしているような気がするけれど、確たる証拠がないというケースはよくあります。

特に女性の方が変化に気付きやすいこともあって、たいていは妻が夫の浮気を疑い、浮気につながる証拠がないかを探すというパターンが多いのが特徴です。

背広のポケットから女性の名刺が出てきたりといったことは今でもありますが、接待でクラブに行くこともある営業関係の仕事をしている夫なら、これが浮気をしているという確たる証明になる可能性は低いと言えます。

妻に知られたくない浮気は、当事者同士でひそかに連絡を取り合い、わからないように注意を払っているからです。

当事者同士の連絡を取り合う手段として最もよく使われるのが携帯電話であることは、今の時代の常識と言えるでしょう。

特にスマートフォンの普及に伴って、短文でメッセージを送り合えるLINEはパッとメッセージを見てサッと返信できるため、その取り扱い方いかんで浮気をしている兆候が見て取れることがしばしばあります。

そのため、何とかして浮気をしているかどうかの証拠をiphoneから探せないかと考えるのは、自然なことでしょう。

スマートフォンの取り扱い方に注意を払う

iphoneに限りませんが、スマートフォンを使っている場合、通常は画面を上にしておくのが普通です。

これまで上に向けて置いていたのに急に画面を下に向けておくようになったら、そこには妻に見られたくないという意識が働いています。

さらに、今までからマメにスマートフォンをいじっていたというのでなかった夫がやたらスマートフォンを気に仕出すようになったら、相手からのメッセージを待っているものと疑われます。

もしメッセージがきたときに妻に見られないようにしなければという思いから、気付かないうちに2つの失敗をすでにしてしまっているというわけです。

iphoneユーザーならできる自力での浮気調査

夫婦ともにiphoneユーザーで、夫婦間でiCloudアカウントを共有し、さらに日ごろから使用しているのであれば、あと一つ条件を満たせば自力で浮気調査をすることが可能です。

それが、iphoneを探すという無料アプリを使う方法で、このアプリで夫の居場所を調べるという方法になります。

ただし、あと一つの条件というのが、夫のiphoneを探す機能がオンになっていることです。

このすべてを満たしていると、浮気調査のためにアプリを使ったとしてもバレにくいのですが、一つでも条件が欠けるとアプリを使った時点で夫のiphoneに通知が行ってしまいます。

こうなると、浮気調査をしていることがバレてしまうのです。

また、夫がこのアプリの機能を知っていて、通知をオフにしていれば、デバイスをオンに設定し直さなければなりません。

こうなるとパスワードの解除が必要になり、ハードルがぐんと上がりますので、アプリから夫の行動を探るのはやめておいたほうがいいでしょう。

傍目からわかる状態から判断する

条件が当てはまらないことから探すアプリが使えないとなると、先に触れたように肌身離さず持ち歩く場合や画面を伏せて置くといった行動に注意すべきでしょう。

伏せて置いていたら、ガラスに傷が付くよなどとさりげなく言ってみる、常にマナーモードにしていたら、家では鳴らしていいのになどと言って反応を見るのです。

さまざまな通知をオフにしているなら、オンにしていたら便利な通知を教え、何でやっていないのなどと聞いてみると、もしかして浮気がバレてしまったのではとあたふたする可能性は大いにあります。

こうした態度が見られたら、まず浮気をしているのは間違いないと言えますので、あとは探偵社や興信所に浮気調査依頼をしたほうがいいでしょう。

関連項目