探偵の調査はどこからが違法になるのか?

TOP > 
探偵の調査はどこからが違法になるのか?

探偵は違法になることもある

探偵であれば、どのようなことでも調査してくれると思われている方も多いのではないでしょうか。

「調査を行うエキスパート」のイメージを持たれがちですが、実際にはできる調査とできない調査があります。

もし、調査してはいけないことを調べてしまった場合、違法として罪に問われる場合もあるのです。

そのため、探偵はもちろん依頼する側も、事前にどのような調査を行ったら違法かの点について知っておく必要があります。

依頼者も事前に違法事例を調べておくと安心して調査を依頼し、トラブル防止につながります。

浮気調査は違法なのか?

探偵が行う調査の中でも圧倒的に多いのが浮気調査です。

年齢や性別を問わず多くの方がパートナーの浮気で悩み、調査の依頼をしています。

浮気調査は、尾行や聞き込み、張り込みなどをし証拠を集めていくので、違法なのではと思う方も多いようです。

確かに個人情報を集めるため、法に触れてしまうのではと思われても仕方がないのかもしれません。

しかし、事前に公安委員会に届出を出し業務として浮気調査を行うことは決して違法ではないのです。

ですが、ここで注意しなければいけないのは、違法な方法で浮気調査を行っていないかです。

依頼を受けて浮気調査を行うとはいえ、個人情報を集めることや他人のプライバシーに踏み込むこともあるため、人によっては法に触れているのではないかと指摘されてしまう可能性もあります。

しかし、適切な方法で尾行や聞き込みや張り込みを行い、浮気の証拠を集めることは違法といえません。

これらは認められている調査方法であり、罪に問われることはありません。

違法として指摘されるケース

探偵が浮気調査を行った場合に違法として指摘される行為があります。

それは、住居内や敷地内に勝手に入ることです。

調査対象者の許可を得ることなく住居内や敷地内に入り込んでしまった場合、住居侵入罪となります。

上記の通り、基本的に尾行を行って浮気の証拠を集めることは間違いではありません。

しかし、尾行の途中で調査対象者に気付かれてしまい、迷惑行為だと訴えられてしまった場合、不利な立場になってしまうこともあります。

また、このほかにも盗聴器を仕掛けることや車などに勝手にGPSを取り付けることも違法です。

実は、盗聴そのものは罪ではないことをご存じでしょうか。

盗聴をしたら法に触れると思われている方が大半ですが、違法性が問われるのは盗聴器を仕掛けることです。

勝手に盗聴器を自宅内や車内に仕掛けることは違法であり、専門的な知識を持った探偵が行ったとしても言い訳はできません。

調査対象者に許可を得ることなく盗聴器を仕掛けた場合は、住居侵入罪になります。

また、同様に勝手にGPSを仕掛けることもいけません。

誰であっても、無断でGPSを取り付けてしまうと器物損壊罪等になるので注意しなければいけません。

このように違法になってしまう行為と問題のない行為がさまざまあるため、ご自身やプロでない方が調査をする行為は、証拠集めのミスや時間、効率面からいってデメリットの要素が非常に多くなります。

浮気調査を効率良くトラブルなく行うには、専門的な知識が必要といえます。

しかし、これまで多くの浮気調査を行ってきたプロであれば、どこからが違法かを判断できるので安心してご依頼いただけます。

関連

探偵事務所アーガス探偵事務所アーガス千葉身元調査埼玉アーガス | 探偵 | 渋谷アーガス

(社)日本調査業協会 | (社)東京都調査業協会 | NPO全国調査業協会連合会 | 北海道総合調査業協会 | 社)全日本総合調査業協会 |  栃木県調査業協会 | (社)さいたま調査業協会 | 全国あんしん探偵業協会 | 神奈川県調査業協会 | (社)東北調査業協会 |  中部調査業協会 | (社)愛知県探偵業協会 | (社)大阪府調査業協会 | (社)日本調査機構 | (社)関西総合調査業協会 | 関西調査業協会 | (社)兵庫県探偵業協会 |  (社)日本探偵業連合会 | (社)九州調査業協会