スマホや携帯電話が原因で浮気を疑う

 > 
スマホや携帯電話が原因で浮気を疑う

スマホや携帯電話が原因で浮気を疑う

浮気を夫や妻に疑われてしまう。

日常生活で浮気を疑われる原因の一番は、スマホや携帯電話の扱いに変化が生じることでしょう。

仕事から帰宅して家族とのリラックスタイムで「スマホを誰にも触らせない」状況になったり 「お風呂やトイレに持ち込む」状況や「暗証番号によるロック」が掛かっているならば、浮気を疑われても仕方がないと言える事でしょう。

このような状況のご夫婦は思いのほか多く存在していると思うのです。

浮気まではしていなくとも、仲良しで好意を持つ異性とSNSで繋がりを持っている既婚者は「恋人同士がメールでやり取りする内容」に近い親密さが存在し、他人に見せられない状況にある為、スマホを見られる事に抵抗を感じているケースもあるのです。

このような場合においては浮気を疑われている以上、探偵に浮気調査を依頼される事もあるでしょう。

スマホや携帯電話が原因で浮気を疑い、探偵に浮気調査を相談する相談者の多くは「SNSのやりとりが浮気の証拠となる」と勘違いされている方が多くいらっしゃいます。

スマホでのやり取りや浮気相手と過ごす画像が出てきたからと言って「決定的な浮気の証拠」となるケースは稀と言えるのです。

補助的な状況証拠としては誰もが認める「画像やメールの痕跡」なのですが、浮気の証拠としては十分な場合が少ないことが現実的な判断と多くの方は認識しているのです。

もし、単発的な浮気と浮気相手やパートナーが主張し、継続的な浮気を認めない状況では、離婚訴訟において優位な展開にはならないかもしれません。

このような状況から判断すれば「画像やメールのやり取りも頻度が重要」とお気づきになることでしょう。

探偵が浮気に関しての御相談を受ける際に、浮気調査を実施するべきか?を判断する材料として重要なポイントが「浮気の頻度」と言えます。

相談者が確認できる状況として、浮気相手に会うことが目的と思われる外出がどれ程あるか?が浮気調査を実施して複数回の浮気の証拠を取得出来るかの目安となるからです。

単にスマホで頻繁にやりとりをしている異性が存在したとしても、浮気調査を依頼して浮気の証拠をとるとの判断を下すことはあまりないかもしれません。

しかし、実際にパートナーの怪しい外出などが目立っているならば、浮気調査により外出時の行動確認を実施する必要性はあると言える事でしょう。

決して安い金額で実施できない浮気調査なので「実施するか?」の判断基準はしっかりした探偵と相談の上に下したいと言えるでしょう。

関連項目