別居後も浮気の証拠を取得し慰謝料請求

 > 
別居後も浮気の慰謝料請求

別居後も浮気の証拠を取得し慰謝料請求をする

現在、既婚者であり、浮気関係や不倫関係にある人物が将来「離婚する為に別居したい」と考えたとします。

世間的には「パートナーに浮気や不倫の事実を知られることなく別居」は問題が少なくスムーズに離婚出来るように思えます。

本当にそうでしょうか?確かに浮気や不倫の事実を知られる事無く別居してしまえば「後の祭り」的なケースに持ち込め、ご自分が背負うべき責任が表面化する事無く離婚できる可能性はあると言えるでしょう。

しかし、そのような都合の良い状況は実際にはまれであり、事実を追及され時間がかかっても、様々な請求できる権利を主張される離婚が殆どであると言えます。

このような場合、別居が話し合いの上に行われたならば問題は少ないと言えるのですが、一方的に突然家出という形の別居は後々「多くの問題が起こる可能性」が存在しているのです。

別居は破綻と同じ意味ではない

離婚を前提に話し合いの上での別居ならば、既に夫婦関係が「破綻」した後の別居との判断も可能です。

しかし、突然に家出同然な状況で別居したならば「同居義務・協力義務」を放棄した状況と判断され、将来的に離婚したいとお考えで家出し別居したならば「離婚の有責がある」と判断されてしまいかねない状況と言えるのです。

加えて、絶対に表面化できない理由である「浮気相手との新たな生活」のために実行した家出別居ならば婚姻関係は継続状態であり別居中に浮気していると判断されることも十分に考えられるのです。

このような状況下で探偵の浮気調査により「不貞の証拠」を撮影されたならば、「離婚は不貞が原因」と判断され「有責配偶者」であるとの認識の上で慰謝料請求を始めとする各種の請求される立場となることでしょう。

多くの方は「別居=夫婦生活破綻」と考えがちなのですが、一方的な別居は根本的に夫婦生活が破綻している状況とは判断されないので勘違いされないことをおすすめします。

婚姻状態も継続している状況下であり、明確な意思表示を抜きに別居し浮気相手と新たに自由な生活が送れる訳では無いことを認識されるべきでしょう。

別居にいたる経緯や別居前のご夫婦間の状況等を考慮した上で判断されるという現実を忘れないことが重要なポイントとなります。

一日も早く浮気相手や不倫相手との生活に身を置きたいと焦る気持ちは、後に多くの責任が課せられる要因となる可能性があります。

家庭内別居と呼ばれる状況においても「独自の判断から夫婦関係の破綻」を決め込み、新たな異性と交際などしてしまう行為は軽率な判断であり行動と言えます。

関連項目