恋人の浮気で悩む方のための裏切り行為の正しい対処法とは?

 > 
恋人の浮気で悩む方のための裏切り行為の正しい対処法とは?

恋人の裏切り行為を許せますか?

信じていた恋人に裏切られてしまったという方は少なくはないでしょう。

愛を確かめ合った二人が浮気によって信頼関係が崩れ、別れを決断することになってしまったという方。

信じていた恋人に裏切られてしまうことほど辛いものはありませんよね。

約半数に渡る恋人への裏切り行為の中には、嘘や借金の発覚などもありますが大半が「浮気」です。

現在、男性だけではなく女性の浮気も増えています。

「一生を添い遂げたい」と思っていたのに恋人の浮気を知ってしまったという方は、なんと驚くことに半数近くもいます。

裏切られて浮気された場合、別れるのが正解?

恋人が浮気をしていた場合、キッパリと別れを切り出すという方もいるでしょう。

一度でも裏切り行為をした相手に以前のような信頼を持つことができず、一緒に過ごす時間は無駄だと思ってしまう方もいるのです。

しかし、中には信じていた恋人に裏切られてしまっても諦めることができず、別れを切り出せずにうやむやに恋人関係を続けているという方もいます。

果たしてこの答えは正しいのでしょうか。

人によって考え方には違いがありますが、やはり何よりも大切なことは「自分の気持ちに正直になること」です。

恋人の一度限りの裏切りであっても決して許すことができないという方は、無理に一緒に過ごしている時間は無駄だと言えるかもしれません。

しかし、もう一度恋人のことを信じてみようと思うのであれば、自分の気持ちに素直に従い恋人関係を続けることも間違いではないでしょう。

恋人に裏切られてしまったときの対処法とは

信じていた恋人の浮気は大きな裏切り行為と言えます。

人によっては精神的なダメージを大きく受けてしまい、これまでのように日常生活を送れなくなってしまう場合や自分に自信が持てなくなるなどさまざまな影響を及ぼします。

恋人の浮気などによる裏切り行為は、どうしてそんなことをしてしまったのか相手に事細かく追求したくなりますが、実はこの行為はおすすめできません。

恋人に浮気の有無や理由を問い詰めてしまったことで知らなくてもよかった事実を知ってしまう結果になり、以前のように人を信じることができなくなってしまったという方も少なくありません。

また、状況によっては恋人と大喧嘩になってしまうことも考えられます。

どうしても恋人に浮気の理由を問い詰めたいのであれば二人きりで話し合いの場を持つのではなく第三者に間に入ってもらうことが大切です。

裏切らても自分を責める必要なし

浮気をして裏切った側よりも、裏切られた側のほうが時間がどれだけ経過してもなかなかその事実を忘れられないものです。

特に絶対的な信頼を持っていた恋人に浮気をされ裏切られてしまった方は、時間が経ってもその事実を忘れることができず、中には自分のせいでこうなってしまったと責め続けてしまう人もいます。

しかし、恋人に裏切られた側が自分を責めることは間違いです。

どんな浮気の理由を並べられ、時に自分が責められる結果になったとしても、悪いのは恋人がいながらも浮気をした裏切った側です。

裏切られた側が大きなショックを受けて自分を責める必要は決してないのです。

どうしても恋人に裏切られたことをどれだけ時間が経過しても忘れることができないのであれば、専門のカウンセラーに相談してみることも方法の一つです。

また、仲のよい友人にアドバイスを求めてみてもよいでしょう。

もし、今後も裏切り行為をした恋人との関係を続けていきたいのであれば、もう二度と同じような過ちを犯してしまうことがないように約束事を作ることも大切です。

これから先、また浮気をしたら許さないという強い自分の意思や気持ちを恋人に伝えておくことも欠かせません。

関連項目