浮気性の人を好きになった時、上手く付き合っていく方法

 > 
浮気性の人を好きになってしまったら

浮気性の人を好きになってしまったら

浮気性とはそもそもどういう意味かと考えるまでもなく、文字通り浮気をしてしまう性格のことです。

よく「あの人は浮気性だ」といった言い方をすることがありますが、男性、女性のどちらにも使われる言葉です。

圧倒的に多いのは男性のほうと言われますが男女のどちらにもいます。

しかも悪いことに繰り返し浮気をするのが特徴で、何度痛い目にあっても懲りないことから「性」という漢字ではなく「症」という漢字を使い、もはや病気であるとされているほどです。

通常は性格の一種として性という文字を使いますが、医学的観点から見ると依存症の1つと捉えられます。

カテゴリーは恋愛依存症の中にある回避依存症に当てはまり、単に性格的なものなのではなく浮気を繰り返す原因となる何かを持っていることが多いのが特徴です。

浮気性の人を好きになってしまったら

好きになってしまってから相手の男性が浮気性だということがわかった場合、女性としては相当苦しめられることになるでしょう。

究極の選択肢としては、たとえ苦しめられたとしても好きという感情を捨てきれないことから、付き合っていく、あるいは結婚生活を続けていくという選択と、こんなに苦しくつらい思いをするのならいっそのことすっぱり別れるという選択です。

ただ、人の気持ちの中でも特に恋愛を伴う感情はそう簡単に二者択一で決められるものではないことから、悩みは深刻になりがちです。

もしかしたらまた浮気されるかもしれないと常に不安になり、疑心暗鬼の目で相手を見ることになります。

そうした態度が引き金となり、さらに浮気に走ったり、場合によっては暴力を振るわれたりすることもあるかもしれず、女性としてはかなり危険な恋愛になると言えるでしょう。

浮気性と付き合っていく方法

まだ結婚していないお付き合いの段階でも心休まる交際とはいかないでしょうし、結婚したとしても性格的な部分に端を発しているだけに結婚が浮気を抑制する歯止めにはならないことがほとんどです。

とはいえ、やはり好きだから付き合っていたい、結婚したなら離婚したくない、けれど女性の気持ちとしては浮気は許せないししてほしくないとなれば、何とかこの性格とうまく付き合っていく方法はないかを見つけることが建設的と言えるでしょう。

浮気性であるとわかった上で、何とかして付き合っていくためにできる方法があります。

相手を変えるのではなく自分が変わること

性格的な面というのは意識して強い意志を持って臨んだとしても、本人にも変えるのは難しいことです。

そのため、生まれ持った性分であろうと、後天的に何らかの原因があってそうなったのであろうと、どちらなのかを突き詰めるのはやめ、そういう性格の人を好きになってしまったという事実を女性側が受け入れることが唯一の方法です。

なぜ他の女性を求めるのかと考えたとき、癒しを求めていたり、慰めを求めたりしているからだとわかることがあります。

浮気をする原因がわかれば、それに応じた態度で男性と接することで他の女性を求める必要がなくなるでしょう。

性分だから仕方がないと受け入れた上でなぜそうなるのかを考えると意外と答えが見つかることがあります。

自分のことをどう思っているのかを観察する

何度も浮気を繰り返しても、最終的には自分の元へ戻ってくるとなれば、本命の彼女や妻とは別れたくない、けれど、つい浮気をしてしまう浮気性の男性だということになります。

浮気をされていい気分になる女性はいませんが、大切に思っていて、別れるつもりは毛頭ないものの、つい浮気をしてしまうのだということが観察していてわかったのであれば、何かがきっかけで変わる可能性がまったくないとは言い切れません。

浮気性という性分を変えさせようと思えば別れるか付き合い続けるかの二者択一にしかなりませんが、女性が自分の考え方を変えることでうまくいくかもしれない可能性は残っていると言えるでしょう。

関連項目