浮気相談のタイミング

浮気の相談のタイミングはいつ?

あえて言うならば、男性の場合は異性とのメールなど状況証拠的なものから「妻が浮気をしていた」と確信する、女性の場合は「夫の様子がいつもと違う」など直感で浮気をしていると疑う、という傾向が見受けられます。
しかし、男性でも女性の場合でも、浮気調査を依頼されるのは、ある程度の根拠に基づいて依頼をされるケースが非常に多いです。

浮気調査を相談する良いタイミングというのは、人によって異なります。
例えば、浮気で悩んでいるのに精神的に強くないことをご自身でおわかりなのであれば、早い段階でご相談された方が良いかと思いますし、配偶者との離婚や浮気相手への慰謝料請求を決断されたのであれば、その時にご相談されることをおすすめいたします。
浮気の証拠を早い段階でつかんでおくことにデメリットはありません。

逆に言えば、タイミングとしてよろしくない(むしろ悪い)のは、証拠を持たずに配偶者に浮気を問いつめた後、浮気相手がわかっている場合に相手とコンタクトを取ってしまった後、探偵に頼まずにご自身で証拠をつかもうと尾行・張り込みを行ってしまった後です。

これらの行為は全て配偶者と浮気相手を最大限に警戒させることにつながります。
浮気相手と会うのを避けるようになって証拠が取れなくなってしまったり、尾行されてないかどうかを常に確認しながら行動されるといざ探偵が調査を行っても尾行・張り込みが困難になってしまいます。
証拠が取れない状況だったりまともな調査ができない状況ならば、調査費用が無駄になってしまいますし、浮気問題の解決が遠のいてしまう可能性が非常に高いのです。

 

状況証拠の収集

配偶者の浮気を疑ったり、浮気に気づいたりした時、感情的になって相手を問いつめたりすることはかえってご自身の立場を苦しく不利にしてしまいます。
何事も証拠がなければいくらでも言い逃れのしようはあると考えなければなりません。
また、配偶者や浮気相手の警戒心が強まり、証拠の取得を困難にしてしまいます。

浮気に悩み、苦しみ、怒りを感じるお気持ちがあるでしょう。
しかし、証拠による解決をお望みであれば、できる限り冷静さを保つことが必要です。
ご自身の行動や相手との会話、相手への態度を普段通りにすることを心がけるのです。

また、浮気の相談をされるにあたり、まずご家庭で「状況証拠」を集めてみるのもよい方法です。
相手と写った写真、相手とのメール、相手の電話番号、アドレス、不審な明細、レシート、領収書などが考えられます。
これらをデジカメやメモ、コピーなどで証拠保存し、来たる日のために着実に状況証拠を固めておくのです。
毎日の状況を日記に記しておくこともおすすめいたします。
一つお気を付けていただきたいのは、状況証拠を集める上で配偶者にそのことを決して気付かれてはならないということです。

ですので、無理に集めることは避け、可能な範囲で行ってください。

 

浮気調査の相談

初めて探偵事務所に相談するのは勇気がいることかもしれません。
しかし、相談は無料で行っておりますのでお気持ちを軽くしてお問い合わせ下さい。
浮気の悩みを知人や家族には相談できなかったけど、浮気調査を仕事としている探偵なら相談できたという方もいらっしゃいます。

誰かに相談するだけで少し心が落ち着く、ということもあります。
もちろんプロの探偵事務所として、浮気問題におけるアドバイスも行っております。