交際相手の嘘

交際相手の嘘

男女の交際で「彼が口先ばかりで行動が伴わない人物」でどうも信じることが出来ない。
このような人物は「嘘」が多く、いい加減な虚言をたびたび周囲に口にしてしまい信用を失い損をするといえます。

これまでの人生で一度も嘘を口にした事が無い人物はごく少数でしょう。

悪い嘘ならば「嘘をつかれた相手は振り回される」こととなり迷惑する。
逆に良い嘘をつかれたならば「極めて厳しい状況に追い込まれない配慮」などが嘘に込められている場合が多く「感謝される嘘」も中には存在することでしょう。

悪い嘘・良い嘘どちらも「相手に良くも悪くも変化」をもたらす要因になると考えられます。

交際相手である彼が浮気をしている疑いがあり「彼女から疑われている状況を回避する為に嘘」を口にする。
この場合に彼女が耳にする彼の嘘は酷いものです。その場しのぎでいい加減な言葉を並べ追及を逃れる為に嘘に嘘を重ねる。

大人の行動は痕跡が残るものであり「多くの嘘は通用しない痕跡が存在」している。

探偵が業務上に実施する調査は「嘘が通用しない事実を証拠として残す」行為と言えるのです。
当然、上記の彼がとった本当の行動と「彼女に対して口にする嘘」の違いは彼女に知られることとなり、「彼女が彼に対して持つ人間性などの評価は地に落ちる」こととなるでしょう。
悪い嘘が招く結末としては仕方ない状況に思えます。

その場しのぎの嘘は交際相手との溝を深くし「お互いの信頼関係を根底から揺るがす」状況を招きます。

自分がとった行動(浮気の事実)を正直に彼女に伝え「謝罪して許しを請う」ことが誠実な対応と言える事でしょう。
正直な態度や姿勢が彼女に届けば「許してくれる」事が考えられ「彼の評価が地に堕ちる」ことは無くなることでしょう。

何より交際相手に嘘を何度もつく必要性が無くなり「素の自分で交際相手と向き合える」状況になり円満な関係を築くためには最も良い方向性と考えるのです。

もし、現在交際中の相手に疑わしい行動が見え隠れして「交際相手の言葉に嘘」があるならば、 探偵による調査で事実確認し早期に二人の関係改善のための調査を実施することも有意義であると思えるのです。

 

TOPICS