浮気調査の料金

浮気調査の料金の違い

探偵に初めて浮気調査を依頼される方にとってわかりにくいのは、「浮気調査の料金」についてではないでしょうか?
複数の探偵事務所の調査料金を見てみると、一見、高いところもあれば安めのところもあります。
なぜ料金にこのような違いがあるかと言えば、スーパーで売られている商品の値段に差があるのと同じように、探偵の浮気調査という商品(サービス)の売値に差があるからと言えます。

 

浮気調査料金の仕組み

さらに調査料金の仕組みには、「時間料金制」「定額料金制」「成功報酬制」などがあります。
探偵社を選ぼうにも、そもそも料金制の仕組み自体がわかりにくいかと思います。

①「時間料金制」は、調査した時間によって料金が決まる仕組みです。
通常は1時間○千円などと記載されているかと思います。
これは調査員1名1時間の料金であるとお考え下さい。
これをもとに「最低契約時間」と「調査に出る調査員数」をチェックしてください。
ちなみに浮気調査は基本的に調査員2名以上で行われ、最低契約時間は3~4時間であることが多いです。
最低契約時間以降は御依頼者様のご意向で調査を延長するかどうかがお選びできます。
但し「最低契約時間」と「調査に出る調査員数」によっては思わぬ高額の支払いになることもありますのでご注意下さい。

②「定額料金制」は、時間料金制の仕組みが変化したものです。
最低契約時間が長い代わりにその分1時間単位の料金が割り引かれています。
いわば商品の「まとめ買い」のようなもので、最低契約時間が8~12時間程度に設定されていることが多いです。
時間単位で考えればお得に感じますが、例えば当日の調査状況によって3~4時間で調査を終了にしたくても、差額が返金されることはありません(全額支払いになる)ので注意が必要です。

また、定額料金制に似たものに「パック料金」というものもあります。
これは例えば30時間程度をまとめて契約し、その分1時間単位の料金をお得にするというものです。
30時間を調査する日に自由に割り振れることもできます。
お得に思えますが、契約してからの有効期限が1週間、つまり1週間以内に30時間を消費しなければならない等、消費期限が短めに設けられた契約になっていることが多いです。
本当に8~12時間の契約や30時間の契約が必要なのか、よく考慮される必要があるといえるでしょう。
③「成功報酬制」は、調査が成功した場合に料金が発生する仕組みです。
御依頼者様にとって良心的にも思えますが、成功の条件の内容によっては特に良心的でもなんでもないということもあります。
仮に浮気の証拠の取得をもって成功とするならば破格の好条件といえますが、対象者が浮気するかどうかは対象者自身の意思に左右されるものですので、成功報酬が余程の高額でない限りそのような契約をする探偵事務所は基本的にないと言えます。
ですので成功報酬の金額や成功の詳細な条件について確認した上でのご契約をおすすめいたします。

 

当社の浮気調査料金

料金の仕組みについては上記のようになりますが、安ければ良い、というわけではないのが難しいところです。
安くても金額だけ前払いでもらい全く調査をしないという、いわゆる「やらずぼったくり」の探偵業者も存在するからです。
当社は浮気調査の料金に「時間料金制」「後払い制」を採用しています。
それが御依頼者様にとって最もシンプルでわかりやすく、調査状況による終了や延長などが利用しやすい上に支払いに安心できると考えるからです。
また、一部探偵社などでは調査人数を多く使う契約を基本としていますが、当社では業界標準である2名からお受けしております。