浮気と別居

浮気と別居の関係

長年夫婦生活をされていると、色々なことが起こります。
パートナーが仕事で夜遅くまで帰ってこない、数カ月単身赴任することもあるでしょう。
そんな時にパートナーの行動に異変があれば、浮気かもしれないと悩まれる依頼主もいらっしゃいます。

何かしらの理由で別居されるご夫婦は特に、その期間のパートナーが浮気をしていないか心配ですよね。
確かな理由があって別居中なら問題ありませんが、単身赴任と偽って浮気に走る方もいるのが実情です。また別居の理由も様々です。

「例えば・・・」
・関係修復のため、一旦距離を置いて別居中
・仕事で単身赴任になり、やむなく別居中
・一緒に家にいる事がほとんどない。家庭内別居状態

別居の理由も関係修復から、外部要因でやむを得ない状況まで人によりけりです。
別居中の浮気は慰謝料請求が出来ないと認識されている方もいらっしゃいます。

確かに別居中の浮気の慰謝料請求は、一緒に夫婦生活をされている場合と比べると難易度は少々高くなります。
しかし、決して不可能だというわけではありません。別居中の浮気でも条件次第で慰謝料請求は可能です。

「例えば・・・」
・関係修復のために別居中だが、定期的に会っている。
・別居中だが、連絡を取り合っていて夫婦関係がしっかりと形成されている。
・単身赴任で別居中、パートナーが不貞行為を行った事での夫婦関係の破綻

などの条件の場合は慰謝料の対象となります。
基本的に浮気などのトラブルでは、夫婦関係が形成されている限りはどちらかに慰謝料が発生します。
逆に別居中で長期間に渡り一切接触がないなど、夫婦関係の形成が認められない場合は浮気が発覚しても慰謝料の請求が難しくなります。

浮気と別居は切っても切れない関係だと言えますが、別居の定義も様々です。
夫婦合意のもとで別居しているのであれば上記の例が当てはまります。
しかし、どちらかが話し合うこともなく一方的に出て行ってしまい別居状態になってしまった。ということであればまた話が変わってきます。

どのようなトラブルでもそうなのですが、全く同じ状況というものはありません。その都度事情が異なってくるものです。
別居中の浮気、と一言に言ってもそれぞれ状況が違います。
別居中の浮気を探偵にご相談の際には、そうした情報も詳細にお話し頂ければと思います。
事前情報や証拠が揃っていれば、いざという時に話を有利に進めることが出来るでしょう。