浮気相手を調べる

浮気相手を調べる

配偶者が浮気をしていることがわかった場合、浮気相手に対して訴える等のアクションを起こす場合は、浮気相手について調べておかなければなりません。
浮気相手を調べる上で重要なものは下記の3項目です。

1.浮気相手の身元を調べる

身元とは「氏名・住所」を指します。浮気相手に関する情報の中でも最重要項目であり、この情報がなければ訴訟を進めることができません。
配偶者の携帯電話から情報を得たり、配偶者の浮気調査中に相手が現れたりするわけですが、浮気調査中に現れた場合は、尾行対象を浮気相手に変更して帰宅する場所を判明させるのがセオリーです。

2.浮気相手の勤務先を調べる

勤務先は「訴状」や「内容証明郵便」を送る場所として有効な選択肢の一つとなります。
また、勤務先からの給与は差し押さえの対象にすることも可能です。
知っておいて損はありませんが、勤務先を調べるのは、浮気相手の身元が判明した後でなければ基本的に実行することはできません。

3.浮気相手の家族構成を調べる

浮気相手が独身なのか既婚者なのか、子供がいるのか、親と暮らしているのか等、どのような生活を送っているかの概要を知っておく事は、ご自身が相手とどのようにコンタクトを取るかを考える上で重要になります。

 

調べる時は気持ちを落ち着けて下さい

上記項目のうち、最低限、浮気相手の身元はおさえておきたいところですが、無理に配偶者の携帯電話等から情報を引き出そうとしたり、ご自身で尾行して判明させようなどとは思わないでください。警戒されてしまい、浮気の証拠をおさえるのが困難になってしまいます。

仮に携帯電話から情報が得られなかったとしても、浮気調査で配偶者を尾行中に相手が現れれば調べることはできるのです。
辛さや怒り、苦しみはあるかと思いますが、配偶者が浮気しているとわかっても焦らずに一度冷静になってみることが重要です。

配偶者に浮気相手はどこの誰だと問いつめたり、浮気相手の電話番号がわかったからと言って、相手に電話をかけるようなことは逆効果になるケースが非常に高いです。
急いては事をし損じてしまいます。

浮気をしている人たちは簡単には浮気をやめたりはしませんし、バレてないと思っている間は定期的に会う傾向があります。

しかし、浮気を気付かれた、怪しまれたと思った途端、会うのを避け始めたり、会うにしても異常に警戒をし始めたりします。

そうなってから問いつめたところで、配偶者からはとぼけられ、浮気相手にも逃げられるのが目に見えています。

つまり、証拠を取って浮気相手のことを調べ終わるまで、配偶者と浮気相手を油断させて泳がせておくのがベストな選択となるのです。