不倫 発覚 制裁

 > 
不倫に陥った結果

不倫が発覚

不倫に陥った結果

男性にしろ女性にしろ不倫という交際関係に陥り、配偶者ばかりか勤務先などに発覚してしまった場合、結末は殆ど悲劇となる場合が多いのです。

芸能人の中にはメディアから完全に消えてしまったほどの社会的制裁を受けた人もいました。
一般人においても似た様な制裁を受ける場合が多々あります。

まず勤務先社内での不倫発覚です。

これは当事者の配偶者から勤務先に伝えられる場合もあったり、社内の噂から事実関係を掌握し発覚する場合などさまざまです。

確かに勤務先においては独身者同士の社内恋愛を禁止している会社は現在は少なくなってきていますが今でも禁止している会社や店舗もあるのも事実です。

何で禁止しているかというと必ず恋愛が結婚というゴールに成就するとは限らないからです。

いろいろなトラブルが発覚し別れた元彼氏と元彼女が同じ職場にいるとなると仕事に影響してくる場合もありますし周辺同僚にもいろいろと いらぬ気を遣わせたりと何かと影響を及ぼす事が多いからです。

しかもこれが不倫となると社会通念上での一般常識にも外れた行為であり、会社側も認知する訳にはいかず、社内規定により降格、移動などの処分が 下されます。

結果、どちらか、又は双方が退職せざるを得ない事にもなりかねないのです。

この代償は人生において分岐点になるほどの厳しいことになることは言うまでもありません。
一寸した浮気心から同僚と不倫関係に陥ったことで当初は共有する秘密のスリル感なども楽しんでいた事でしょう。
しかし、発覚したことで人生の狂いが生じてしまう場合が多いのです。

社会的信用を失うわけですから上司、同僚、部下からの信頼も無くなり、出世も望めないでしょう。
勤務先内での友人関係にもヒビが入ってしまうこともあり得ます。
尚、勤務先からの制裁以外にも当然、配偶者からの個人的制裁がプラスされることも覚悟しておかなければなりません。

別の勤務先同士の不倫関係の場合には上記のような社会的制裁を受けるケースは滅多にありません。
勤務先などに迷惑を掛けている訳ではありませんから個人的制裁となります。
これは配偶者による慰謝料の請求が最もポピュラーな事でしょう。

浮気した配偶者に対する慰謝料以外にも浮気相手への慰謝料も当然請求することは認められています。
またこの不倫によって離婚をする、しないによっても金額は大きく異なってきます。
家庭を壊した原因に対する慰謝料は当然、高額になります。

不倫という行為は不法行為になります。
不倫という事実が立証されれば刑事事件ではないですが罰金と同様にそれ相応の金銭を支払わなければなりません。
これが慰謝料になります。

離婚する、しないに関わらず、不倫された配偶者は不倫した配偶者並びに不倫相手に対して慰謝料を請求することは可能となります。

この不倫したという証拠は探偵に依頼して法的にも通じる証拠を押さえなければなりません。
憶測、推測だけではどうしようもなく、逆に不利益になってしまう場合もあります。
その為に探偵事務所は活動しており、探偵という職業が存在するのです。