浮気調査 方法

 > 
浮気調査の方法
探偵の浮気調査方法

探偵の浮気調査は尾行や張り込み、撮影等を用いて行います。
自宅や会社など対象者がいる場所で張り込みを開始し、その後の行動を尾行して調べます。
もちろん、浮気相手が現れた場合、浮気相手や不貞行為の現場をカメラやビデオに記録します。
浮気相手の身元も調査し、浮気の時間や場所、状況を報告書に記載します。

浮気されている方の中にはご自身で尾行を実行してしまう方もいます。
しかし、実際に証拠を取ることに成功したという話は聞いたことがありません。
むしろ対象者に警戒されてから探偵に依頼に来るケースばかりなのです。
探偵がどのように尾行しているかを知っていたとすれば、きっと自分をよく知っている相手の尾行などはしなかったかもしれません。

ちなみに対象者に警戒されてしまうとプロの探偵でも調査が非常に困難になってしまいますし、浮気だけされたまま取り返しのつかない状況になる恐れもあります。
リスクを犯してご自身で尾行を行うよりも、ご自身でしか集められない細かい状況証拠で外堀を埋めていくことが重要です。

 

浮気調査での尾行方法
徒歩尾行
ビデオカメラ

徒歩尾行は尾行の基本となります。最も使用機会が多く、どんな探偵でも最初に学ぶ尾行方法は徒歩尾行であるはずです。
但し、探偵の徒歩尾行は撮影を伴う尾行、対象者の行動記録(報告書)が書ける尾行です。
誰でもできそうな尾行方法ですが、これらがセットでできなければプロの尾行技術とは言えないのです。
また、探偵業務でなく尾行をした場合、迷惑防止条例違反や軽犯罪法、ストーカー規制法違反、DV防止法等に該当してしまうことがあります。

 

車両尾行
車

車を運転する対象者の場合は、調査員も車で尾行するケースが多いです。
運転者に高度な運転技術と尾行技術、地理の知識が要求されます。
高速道路を使う対象者の場合は車両尾行は必須となります。
※車両尾行の訓練を積んでいない方が行うと事故を起こす可能性があります。
人身事故の危険がありますので行わないようにして下さい。

 

バイク尾行
バイク

バイクは機動性に富むのが特徴であり、使い方次第で非常に役に立ちます。
車と同様、尾行者に運転技術が必要になり、訓練を積んで探偵独特の尾行技術を身につける必要があります。
もちろん地理について知識も重要です。
※バイク尾行の訓練を積んでいない方が行うと事故を起こす可能性があります。
ご自身の命にもかかわりますので行わないようにして下さい。

 

調査方法のご提案

当社にお問い合わせ頂いた方には担当者から最適な調査方法をご提案させて頂きます。
最適な調査方法は対象者の職業、移動手段、行動パターン、別居中か否か、浮気相手がわかっているか等によってケースバイケースとなりますので、対象者情報や現在の状況についてできるだけ詳しくお伝え下さい。