浮気の証拠を自分で取得

浮気の証拠を自分で取得

浮気の証拠をご自分で取得する限界

浮気の証拠をご自分で取得したいと考える方は後を絶ちません。

経済的に探偵を雇う余裕など全く無く、パートナーが目に余る浮気を露骨にしている方は「ご自分で浮気の証拠を」と考えインターネットで得られる情報を頼りに、出来る限りの情報を集める行動をとります。

しかし、ご自分でとれる行動には限界があり、「決定的な浮気の証拠を撮影」までには至らないが現実と言えます。

実際に浮気調査を実施すればすぐに判断できることなのですが「面識のある人物が尾行を実施することは不可能に近い」と言えます。

当然、ホテルの出入りを撮影するにしても相応の準備が事前になければ撮影不可能と言えます。

ホテルを出てパートナーと別れた浮気相手の自宅を尾行し突き止めることは一回のチャンスでは困難であると容易に理解できます。

このような理由からご自身で浮気の証拠を撮影し浮気相手の身元を突き止める行為には時間がかかってしまいます。

探偵の調査を依頼しなくても「時間とお金がかかる作業」と言えるのです。

ホテルを張り込む際にもパートナーに知られないためにはレンタカー等の準備が必要ですし、ある程度の暗がりに対応した撮影に適した機材が必要となります。

このような全ての事柄をクリアーして初めて浮気の証拠は撮影され、浮気相手の身元は判明するのです。

ご自分で浮気の証拠を撮影し浮気相手の身元を突き止める行為が如何に長い道のりになるかご理解いただけたことでしょう。

そして、失敗を繰り返し結果を出すまでに要する期間や時間を考えるならば「ピンポイントで探偵に依頼する」判断も低料金で証拠が撮影されるならば「選択としてあり」と考える方が数多く存在しているのです。

ご自身で実施する浮気調査の注意点

可能な限りご自身で浮気調査を実施することを悪いとは言いません。

しかし、相応のリスクが存在することは認識した上で実施されることが望ましい行為であることに違いはありません。

それではどのような注意が必要となるのかご説明させていただきます。

まず、ご自宅や勤務先から浮気調査をご自身で実施されることは予想以上に気付かれるリスクが存在するのでおすすめできません。

当然ですがご自身で浮気調査を実施する際には「自宅の最寄り駅で張り込む」や「勤務先の最寄り駅で張り込む」等の慎重さが必要と言えます。

改札を通過するパートナーを確認したならば同じ車両には乗り込む行為は避けましょう。

面識のある人物は遠目であっても認識されやすいものです。

一駅ごとに降車した人物の中にパートナーがいないか確認しながら列車で進行しましょう。

そして、降車駅が確認されたならばできるだけ遠目で尾行し立ち寄り先を特定しましょう。

もし、駅ビルのエレベーター等を利用したならば、見失うことを承知で同じエレベーターには乗らずに、立ち寄り先を特定しましょう。

上階に在するレストラン街で異性と合流したならば見失うリスクを覚悟の上で下界にて「二人が降りてくる可能性が高い場所を選定」して待ちましょう。

ここまでで既に多くの方は尾行が成功しないことでしょう。

しかし、面識のある人物が尾行するためには必要な慎重さと言えるのです。

このような慎重さが無い状況で「下手な変装で調査対象者の近くをウロウロ尾行」したならばパートナーに気付かれる可能性は非常に高くなります。

見失なわない距離感は尾行がバレる距離感と認識されることが必要なのです。

何日かの尾行の失敗もあったが「頻繁に待ち合わせする駅」等は判明し飲食しているおおよその場所は判明します。

ここから先は上記でも記した通り、張り込むための「レンタカーや撮影機材を準備」してホテルを利用するタイミングを待つ段階となります。

どうしても撮影や張り込みが困難なケースではやはり「探偵に依頼することも視野に入れて」ご自身の判断で浮気の証拠を取得されることが望ましいと言えるでしょう。