浮気や不倫の証拠を撮られてしまった

 > 
浮気不倫の証拠をとられた

浮気や不倫の証拠を撮られてしまった

職場で不倫関係になり、浮気を繰り返していた。結果、家族にバレてしまい「密かに探偵を雇い浮気調査」をされる。

それも、離婚を前提に浮気調査を頼んだらしく「複数回の浮気の現場が証拠として残っている」ため言い逃れができない。

浮気相手である後輩女性は会社を退社する決意を固め「なんとか浮気による慰謝料請求を回避」したいと思考錯誤して弁護士関係のサイトを必死に慰謝料を逃れる方法をさがしている。


探偵が浮気調査を実施した際の経過は上記のような形が多く存在します。


浮気調査を依頼するクライアントも「ご自身の置かれた状況を把握」した上で探偵の調査を利用しますので「浮気調査に必要な調査結果も理解」しているのです。

上記のケースで「複数回の浮気現場が証拠として残っている」状況が何を意味するかお答えしますと「協議離婚や調停で離婚が成立しないケースを視野に入れている」と言えると同時に「浮気相手に最大限可能な請求を突き付けたい」との意思表示と受け取れるでしょう。

裁判による離婚であり、浮気が離婚原因となればクライアントの思惑とおりにことが進行していると考えられます。

そして、共同不法行為をしたパートナーと浮気相手に対して「最大限可能な慰謝料を請求」しようと考えられるのです。

最低の慰謝料であっても200万円から500万円の慰謝料請求を求める状況と考えられのです。


浮気や不倫の証拠は「精神的苦痛を受けた人物が損害賠償請求するために必要な証拠」と一般的には考えられています。

探偵の浮気調査を利用して「複数回の浮気現場の証拠」を取得するために必要となる浮気調査の費用相場は数百万円に及ぶケースが少なくありません。

そう考えるとクライアントは金銭を多く相手に請求したとしても「慰謝料が代償とならない」ことが理解できることでしょう。


すべてのクライアントが以下のような考え方をするとは限りませんが、「浮気や不倫が悪いことであり、ケジメをつけて離婚する」という考えのもとに行われる一連の行為であるとも理解できるのです。

そして、子供さんがいらっしゃるケースで将来離婚理由をお子さんから尋ねられた際に「夫の浮気が原因で別れた」とはっきり伝えられます。

浮気された事実をお子さんに認識してもらい将来的に「浮気が悪いこと」と感じ取ってもらう材料になればと判断される方もいらっしゃるのです。

ある意味、父親が最後に実践する反面教師とも言えるのではないのでしょうか。

浮気や不倫が如何に情けない行為であるか子供さんでなくても再確認できます。

浮気や不倫が職場で発覚してしまう

浮気や不倫が職場において致命的な行為となる場合が多数存在します。

こと男性社員の社内不倫は社内での評価に関わり、職場での信頼度合に関わる行為であると言われています。

女性社員の社内不倫が発覚した際には、「結婚前の独身女性であっても「職場での恋愛から結婚」という可能性を低下させること間違いないと言えます。

世間的に言われている可能性のお話しをするならば「女性の職場恋愛から結婚の可能性は26%という数字が出ています。

この可能性がほぼなくなる行為と言っても過言では無いのです。不倫が発覚した女性と婚姻しようと思う職場男性は稀であり、自身の結婚する可能性を著しく低確率にする行為と考えられるのです。

このお話しを知っているから浮気や不倫をしないと考えるか?といえば人間の感情はそう簡単には行かないと言えるので不思議なものです。

頭で理解していても過ちは起きてしまうものですから。