浮気を見抜くポイント

 > 
浮気を見抜くポイント

浮気を見抜くポイント

浮気を見抜きパートナーや浮気相手に責任を追及するためには「浮気の確証」が欲しいと考えるものです。

浮気が事実ならば「浮気を制止」もしくは「浮気によって生じる権利を請求」と考えることでしょう。

そして、それらの状況から必要となる行為が「浮気調査により事実確認し証拠を取得」となるのです。

このような流れは浮気に悩む多くの皆さんが経験する流れでもあります。

安価では実施不可能な探偵や興信所の浮気調査を利用するには「相応の浮気の確証」が欲しいと皆さん考えるのです。

そこで重要なポイントとなる「浮気を見抜くポイント」はパートナーの行動に鈍感な方でも「高確率で浮気の確証」と判断できるポイントとして欠かせません。

日頃からパートナーの浮気を怪しいと疑念をお持ちの方は判断基準として利用されることをお勧めします。

浮気を見抜くポイント①
 
趣味や行動の変化を見逃さない。これは好意を寄せる人物と時間を共有したいと考える浮気のケースで頻繁に見かける変化と言えます。 今までまったく興味を持たなかった趣味を突如はじめる変化は異性の影が存在する可能性が高いと言えます。


浮気を見抜くポイント②
 
服装や装飾品に変化が現れる。 意中の異性が存在する男女共通の変化として上げられるポイントが「好みの変化」に表れます。 若い女性と交際している中年男性を想像していただければ説明する必要はないでしょう。 若い男性と交際する年上女性でもこのような変化は表面化するものです。


浮気を見抜くポイント③
 
浮気相手の都合により「生活のリズムに微妙な変化」が表れ始める。 浮気相手が都合の良い時間帯に合わせたいという感情が働き、今までとは違った理由により定期的に長時間外出等が増加する。 当然、家庭ではパートナーが存在しない時間が増加する。


浮気を見抜くポイント④

外食が頻繁であり、浪費が激しくなる。浮気相手が裕福とは限りません。 当然の流れで金銭的に余裕が無い人物が浮気相手であるケースでは、ある意味自然に浮気相手に対してお金を使ってしまう。


浮気を見抜くポイント⑤

パートナーの身勝手な判断で生活に大きな変化が起こる。急な転居やまとまった出費が浮気相手が原因で起こることがある。 浮気相手と過ごす時間が欲しいという理由から引っ越しする等は現実に起こり得る。


浮気を見抜くポイント⑥

パートナーの家族に対する態度が変化する。家族に対して無関心だった人物が浮気の罪悪感から急に優しく接してきたリと態度に変化が現れる。 逆に冷たい態度に変化することも少なくない。


浮気を見抜くポイント⑦

携帯電話やスマートフォンを肌身離さず持ち歩き依存している傾向にある。そして、必ずロックが掛かっている。


浮気を見抜くポイント⑧

明らかにパートナーのセンスではない装飾品や衣服を着用し始める。 異性の好みに染まることが理由で男性であればネクタイやシャツの好みが変化したり、女性であれば下着や普段着が「本人の従来の好みと異なる」着衣を選択する傾向が強くなる。


浮気を見抜くポイント⑨
 
性的興味の減退。パートナーとの性的行為が著しくなくなり、接触を避ける傾向にある。もしくはマンネリから殆ど行為が無い状況。


浮気を見抜くポイント⑩
 
パートナーと行動を共にすることを避ける。特に二人だけで外出等は皆無である。 パートナーを頼りにしない空気感を醸し出し、パートナーからも必要以上に立ち入られないように行動している。


浮気を見抜くポイント⑪
 
たわいもない理由により「寝室を別」にする。例えば「生活のリズムが異なるので同じ部屋で過ごすなんて無理」などがポピュラーな理由の一つ。


浮気を見抜くポイント⑫
 
異性の前では家族には見せたことのない素顔や笑顔で会話することがある。女性ならば「女の顔」を垣間見る瞬間が存在する。


浮気を見抜くポイント⑬
 
一人で外出したがる。一人で外出することを好んでいる傾向にある。一人になる事を望んでおり、自分ひとりの時間がないと息が詰まる等の言葉を公言している。


浮気を見抜くポイント⑭
 
休日の予定を必ず事前に提示することが殆どであり、家族との行動を極力少なくする。家庭で必要とされない流れを自ら演出する傾向がある。


浮気を見抜くポイント⑮
 
自身の過去の行動を話に出されると急激に口数が増える。嘘が多い人物特有の傾向であり、過去の嘘に自信が持てない人物に多い特徴。


浮気を見抜くポイント⑯

電話に出ないことが多い。そして、電話に出ても必ず外出先である。 電話に対応できない状況に身を置く機会が多いということが伺われ、電話に出ない事を問いただすと必ず不機嫌になる。


浮気を見抜くポイント⑰
 
決まった知人や友人と週に複数回必ず外出する。浮気をするための理由として疑われない理由を確保し、長期間に渡り浮気やパートナーに伝えずらい行動をとっている。


いかかですか?あなたのパートナーに重なるポイントはありましたか?

上記の浮気を見抜くポイントに該当する項目があり、数ケ月の期間が経過しているならば「浮気の確証を得るタイミング」として十分な時間が経過しているとも考えられるのです。