浮気と不貞行為の証明

浮気調査の必要性

<ご依頼者情報の重要性>


浮気調査を実施したいが「浮気調査に必要な費用が・・・」とお考えになる人物は多い。探偵が提示する浮気調査の料金は決して低額では無く「2,3日の浮気調査では満足な調査結果を得られない」が世の常と言えるのです。何故?満足な調査結果が得られないのかと申し上げると「依頼人の情報が確実ではないケースは浮気調査が満足に進行しないので浮気の証拠取得が長引く」傾向にあるからなのです。


この事実は殆どの浮気調査案件に当てはまります。ご依頼者が持つパートナーについての情報が事実と異なる場合には一言で「無駄な調査が増加する」と断言できるのです。例えてご説明しますと「ご主人の浮気調査を実施する」としましょう。そして、探偵と面談し浮気調査の手法を決定し「お主人の仕事後の行動をマーク」する手法が最善と判断し調査に着手します。夕方、勤務先から調査を開始した探偵が待てど暮らせど調査対象であるご主人が退社しない。結果的にこの日の浮気調査は空振りになり4時間待ってみたがご主人の退社を確認出来なかった。次の日、自宅から調査を実施して確認できた事実は「勤務先には行ったが10時には外回りに外出する仕事内容」であり、依頼人が把握していた仕事内容では無い事実が確認された。

このように浮気調査は普段の会話の中で得られる情報がベースになって実施されることが重要になるため正確な情報が多ければ多いほど「無駄な調査時間は省くことが可能」になり「浮気調査に費やす費用の総額も節約」出来ると言えるのです。


<あなたが実施したい浮気調査はどちらですか?>

離婚を前提にした浮気調査と浮気を制止する目的で実施する浮気調査では「必要となる証拠の量」が異なります。

まず、離婚を前提とした浮気調査では「離婚調停や離婚訴訟を前提に証拠を集める」ために「誰もが納得するある一定の期間に及ぶ複数回の不貞の証拠」が必要となるのです。もし、訴訟の相手が事実を認めない場合も想定内に証拠を集める為、証拠の量が数多く必要となるのです。訴訟に負けないための証拠を揃える目的で実施される浮気調査は時間と費用を要する浮気調査と言い換えることが出来るでしょう。

一方、浮気を止めさせることを前提に実施される浮気調査は一度でも浮気相手が明確に確認できる証拠である「ホテルの出入りや浮気相手の自宅への出入り」を取得して「浮気の事実を認めさせパートナーの反省を求める材料」として活用する浮気調査といえるのです。