探偵と別れさせ屋は違う

別れさせ工作とは

現在の探偵の調査で主流なものは「浮気調査」です。
浮気調査は、配偶者や恋人が浮気をしているかどうかを調べたり、浮気の証拠を取得する調査ですが、浮気をしている配偶者や恋人と交際相手を工作により別れさせる「別れさせ工作」というものがあります。

この別れさせ工作をサービスとして行っている業者は「別れさせ屋」と呼ばれており、工作の対象は浮気をしている配偶者や恋人に限らず、娘・息子や好きな人等、 誰かと交際関係にあるあらゆる人を対象としてサービスが行われています。

なぜこのようなことを書いているかというと、別れさせ屋が「探偵」「探偵事務所」の看板を掲げていることが多く、 探偵の調査をお考えの方の誤解を招くことがあるのではないかと思うからです。

探偵を名乗る別れさせ屋

なぜ、別れさせ屋は探偵事務所を名乗るのか?というと、理由の一つは別れさせ屋の多くが「探偵業登録」をしているからです。
尾行・張り込み・聞き込みを用いて他人を調べ、依頼人から報酬をもらう業務を行う場合、探偵業登録が必要となるのですが、 別れさせ工作でも、尾行により対象者の行動パターンなどを把握する業務が含まれており、そのためには探偵業登録をしなければならない、とされています。

確かに、登録さえすれば探偵と名乗ることは誰でもできます。
しかし、別れさせ工作サービスを行う上でわざわざ探偵を名乗る必要性はありませんので、結局、似たところがある探偵業も同時に行っているというケースが多いのでしょう。

探偵は別れさせ工作はしない

但し、逆に一般の探偵事務所は別れさせ工作サービスも同時に行っているということはありません。
例えば、東京都調査業協会に属する探偵事務所等は自主規制するという形をとっています。
なぜなら、別れさせ工作というサービスが現れた当初はまだしも現在では別れさせ工作が公序良俗に反する違法行為であり、場合によっては犯罪に該当するとの見解に至っているからです。

別れさせ工作を行う探偵事務所は危険

上述したように表面上はどちらも探偵事務所を名乗っており、依頼人が別れさせ工作を本業とする業者に探偵の調査を依頼することも考えられるわけです。

しかし、こういってはなんですが、別れさせ工作を行う業者は探偵事務所以上に依頼者とのトラブルが多い業者と聞きます。

また、そもそも別れさせ工作と探偵調査を比較すると、工作はある結果を作り出す業務であり、一方、調査は対象者の行動そのものを調べ、結果を操作するわけではありません。

さらに、同じ尾行・張り込みを行うにしても、工作は一定期間を設けて行うのに対し、調査は決まった日時で行われるのが一般的ですので調査の方がより尾行・張り込み・撮影に関する技術が要求されたりします。

ですので、浮気調査など探偵調査のご相談をお考えの方は、別れさせ工作を行っていない、生粋の探偵事務所にご相談することをお勧め致します。