悪徳探偵事務所・悪質業者の見分け方

 > 
悪徳業者の見分け方

悪徳探偵事務所・悪質業者の見分け方

探偵事務所の中にはいわゆる悪徳業者や悪質な業者が存在します。
運悪く悪質・悪徳な業者に依頼してしまうと、思わぬ高額な料金を請求されたり、ろくな調査もしない詐欺まがいの被害に会ってしまいます。

実際に探偵業界における業者と御依頼者間のトラブルは決して少ないとは言えないのです。
犯罪で逮捕までされる業者もいます。

同じ業界で営業を行っている当社としては、非常に残念な事実でありますが、下記に悪徳・悪質業者を見分けるポイントを記載致しましたのでご参考下さい。

調査料金表がホームページに掲載されているかどうか

現在の探偵事務所のほぼ全てはホームページで宣伝を行っていると思われます。
中には調査料金をホームページで公開していない業者がありますが、安さを積極的にアピールしている業者が多い中で料金を公開できない理由は「公開できないような高額の料金をとるから」、「公開すると高額料金をふっかけることができないから」と考えるのが妥当です。
料金を明示できない業者に依頼するのはお控え下さい。

探偵事務所が所在地に存在するかどうか

詐欺を行うような業者には会社としての実体がないのが通常です。
探偵事務所と面談を行う際は、できるだけ事務所に訪問するようにしましょう。
事務所での面談を断ってくる業者は、虚偽の住所を所在地としている可能性がありますので、相手に正当な理由でもない限り、面談するのはお控えになった方がよろしいです。

しつこい営業電話がないかどうか

一度、電話やメールで相談したら、何度もしつこく営業電話を入れ契約をするよう勧めてくる業者もいます。
さらに悪質な例では営業マンが突然自宅を訪問してくるというケースもあります。
このような相手の迷惑や都合を考えない探偵業者に依頼してもトラブルの種になるだけです。

面談に行ったら相談者が順番待ちをしている

真っ当な探偵事務所であれば、事前に相談者と決定した時間にお待たせするようなことはありません。
順番待ちをしている人物は探偵事務所が用意した偽の相談者であり、相談者が多い事務所であるかのように思わせようとしているのです。
このような事務所に依頼しても百害あって一利無しと言えます。

探偵業届出証明書が事務所に掲示されているかどうか

探偵業者は事務所内のわかりやすい場所に「探偵業届出証明書」を掲示しなければならない、と探偵業法によって定められています。
ですので、仮に届出証明書が掲示されていない場合、その業者は無届け営業(探偵業法違反)である可能性があります。
無届け営業の業者に依頼しても何のメリットもありませんので、そのような業者は避けて下さい。

契約書の交付や重要事項の説明があるかどうか

探偵業者は、依頼者との契約の際に、契約書の交付と重要事項の説明を義務づけられています。
契約書や重要事項説明のない調査などトラブルの元でしかありません。
仮に、依頼者を騙そう等の悪意がなくとも、トラブルを避けるための意識が低い業者には依頼しないほうが身のためです。

悪徳探偵事務所・悪徳業者の代表的な手口

面談で契約を強要する

一度、探偵事務所を訪問したが最後、数人の相談担当者で囲み、 契約するまで帰そうとしないという手法をとっている探偵事務所もあります。
真っ当な探偵事務所であれば絶対にこのようなことはしません。

やらずぼったくり

調査料金を前払いで払わせておいて、実際の調査は全くやらないという手口です。
もちろん調査報告書も無しか、いい加減なものしか出てきません。
このような業者を避けるには、料金後払いの探偵事務所を選ぶことです。

水増し請求

調査料金や経費を実際より水増しする手口です。
このような被害を避けるには、ホームページに料金が明示されている探偵事務所を選ぶこと、事前に経費の仕組みを聞いて明確にしておくこと、調査時間や日程をできるだけご自身で決定すること、 つまり、ご自身で現在かかっている費用を常に把握しておくことです。
そのためにはこれらの条件が満たせる探偵事務所を選ぶことも重要になります。

振り込め詐欺

相談も何もしていないのに探偵事務所を名乗り「○○から被害金を取り返します」「調査料金を振り込んで下さい」等の連絡がくることがあります。
突然の連絡・振り込みの要求をしてくる探偵事務所は、探偵事務所を名乗っているだけでただの振り込め詐欺業者です。
もちろん被害金を取り戻してくれることはありませんし、真っ当な探偵事務所は何の関わりもない方に突然連絡を入れたりすることはありません。