交際相手(彼氏・彼女)の浮気

 > 
交際相手の浮気調査
交際相手(彼氏・彼女)の浮気

浮気調査の対象者は、夫・妻(配偶者)だけとは限りません。
配偶者を調べるご依頼が多いのは事実ですが、「交際相手(彼氏・彼女)」を調べて欲しいというご依頼も決して少なくはないのです。
浮気調査の主な目的は裁判で使える不貞行為の証拠を収集することですが、結婚をしていないカップルには貞操を守る義務がなく、交際相手が仮に他の異性と肉体関係を結んだとしても、不貞行為のように慰謝料請求をすることはできません。

 

交際相手の浮気が配偶者の浮気と異なる点

独身の恋愛は自由であるため、原則、不貞行為には該当せず、それによる慰謝料請求をすることもできない。
一般的なことを言えば、恋愛は自由ですから、交際相手が他の異性を好きになって、あなたとの交際が終わってしまうのはある意味どうしようもないことです。

但し、本来、浮気調査には対象者が「浮気をしているかどうかを調べる」という目的もあります。

もし、彼氏が浮気に全く罪悪感を持たず、何度も浮気を繰り返すのであれば、あなたは交際を続けますか?

彼女があなたとの関係を続けながら他に交際している男性がいたとすれば、彼女のことをどう考えますか?

結婚後の生活や子育てを考えた場合、また浮気しているのか、まだ浮気相手との関係は続いているのか、などと悩まされながらも、貞操観念の薄い彼氏や彼女と一緒に暮らしていこうという気が起こるでしょうか・・・?

そのような悩みや心配、疑念が起こった時、交際相手の浮気を調べるのも浮気調査なのです。
いわゆる結婚調査の一環としても行われています。

また、恋人同士の恋愛と違い、「婚約」している交際相手もしくは「内縁」の関係にある交際相手の浮気の場合、法的には慰謝料請求の対象となります。

 

婚約・内縁関係にある交際相手の浮気

婚約(結婚の約束)・内縁(事実上の夫婦)関係にあることを法的に証明できるのであれば、交際相手・浮気相手に慰謝料請求をすることが可能。
例)婚約指輪を交換している

 

交際相手(彼氏・彼女)の浮気に気付くには・・・

浮気の定番アイテムである携帯電話・スマートフォンに関することが一番のヒントになります。

自分の携帯電話の中身を見せない・ロックがかかっている、常にメールを気にしている、履歴が不自然に消されているなどです。

現代の男女のほぼ全てが浮気相手とのやりとりに携帯電話・スマホを使用していると言っても過言ではなく、FacebookやLINEなどのアプリを利用してやりとりをするケースも増加しています。

夫婦のように一緒に暮らしていないのであれば、相手の些細な仕草や変化に注意を向けていなければなりません。

目線を合わせなくなる、素っ気なくなる、生返事が多くなる、不自然な会話が増える、会える機会が減る等、それまでになかった変化に気付いた時は浮気を疑ってもよろしいかもしれません。
彼女の場合はアクセサリーやバッグなどの持ち物の変化にも注意が必要です。

見たことのないものを身につけていた場合は、それが浮気相手の男性にプレゼントされたという可能性が考えられるからです。