浮気と嘘と信頼関係

浮気と嘘と信頼関係

浮気に関わる会話を相談の際に話す機会を持つ探偵は「浮気と嘘が表裏一体」であると気づく事ができます。
浮気をする人物には「裏切る相手への言葉に嘘が必要」になり「現実に浮気をされていれば嘘が数多く存在」するのです。

例えるならば一日の仕事を終えた時間に偽りがあったり、仕事後に過ごした人物が偽りであったり、仕事後に過ごした余暇を残業と偽ることも珍しくないでしょう。

このような様々な嘘や偽りがパートナーに対して必要になり「平然と罪悪感無く嘘を言葉に出来る」状況は後々大きな問題へと発展するケースが少なくありません。

夫婦間や恋人関の信頼関係を崩壊させる可能性が極めて高い行為であると共に、 もし嘘が発覚し追及され再び嘘が必要になれば「今後、相手を疑いの目で見る関係」になると言えるでしょう。

嘘にも種類があり「相手に心配や気遣いをさせない為に嘘をつく」場合も大人の行為には存在しますが、 上記の嘘は「自己の欲求を満たすためにつく嘘」で極めて低次元な行為と言えるのである。

低次元な嘘を周囲につく人物は「その場しのぎ」要素が非常に高く「嘘の内容もくだらない」ものが殆どで、 「嘘をつくには多くを記憶できる人物」でなければ成立しない事を認識していないと言えるでしょう。

浮気に関して嘘が必要になり「その場しのぎの嘘」がいかに低次元な嘘であるか理解できる事でしょう。
例をあげるならば「休日出勤と嘘をつき浮気相手と多くの時間を過ごした」としましょう。

この嘘が低次元な嘘である証は「後々、嘘をついた相手に行動内容が把握」されやすいことが低次元の嘘と断言できるのです。
浮気相手のもとを訪れる交通手段を利用した際に残るICカードの履歴や、浮気相手と共に飲食やショッピングにクレジットカードを利用すれば、 「後々、休日出勤が嘘であったことは発覚する」と断言できる事でしょう。

休日出勤でマイカーを利用する場合も同様であり、「ETCカードの利用明細」やカーナビゲーションの履歴などから得られる情報で「浮気のためについた嘘は簡単に暴かれる」と言えます。
探偵に一から十まで浮気調査により事実を調べる迄もなく、 「浮気のための嘘」の多くは容易に暴かれ浮気調査を実施する必要性があるか?ないか?もおおよそ「嘘の頻度」などからご自分で判断できる事でしょう。

パートナーの嘘が頻繁で「浮気相手と親密で濃い関係」が築かれる前に「ご自身で判明する嘘の確認」は普段から必要であり重要に思えるのです。

 

TOPICS