浮気のメカニズム

浮気のメカニズム

浮気による破局は「男女関係にまつわるトラブルで最も多いケース」と言えるでしょう。

未婚・既婚に関係なく「新たな異性との出会い」は日常生活において誰にでも起こり得る出来事であり、 今現在交際中や婚姻関係にあっても「新たに魅力的な人物に魅了され恋愛感情を抱く」ことは誰にも否定できない感情と言える事でしょう。

このような感情が「浮気や浮気心」を終わり無く存在させているのです。

浮気のメカニズムには「異性への関心や好意の感情」が基盤にあり、個々に恋愛感情に発展する時間や期間は異なりますが 「相手に好意を伝え受け入れられる」という流れが存在します。
パートナーに対して罪悪感を持ちながらも「浮気相手の魅力に負けて」浮気をしてしまう状況と言えるでしょう。

浮気という行為は男女間で起こり得る様々な状況のなかで「自然な出来事のひとつではないのか?」と考えさせられます。
浮気される立場の当事者には腹立たしいお話しに他ならないのですが、 興信所は日常的に浮気調査や素行調査を実施している立場上、 浮気調査がもたらす結果で「男女関係の終焉」が日々繰り返し起こっている事実と認識しています。

浮気を悪い行為であると定める理由は「人間社会の秩序が大前提にある」からだと誰もが認識している事でしょう。
定めがない社会は野生と同一と言え、個人の好き放題な感情が具現化する日常は、多くの人物が生活する社会には不適当であると言えるでしょう。

お話しが前後しますが「恋愛感情を動物的なもの」と捉えれば「浮気や浮気心は自然」と判断出来ることがご理解いただける事でしょう。

現実に社会から浮気や不倫が無くならない理由は「人間の持つ基本的な恋愛感情が大きな要因」となって働いており、 恋愛感情をより理性的に自己制御できる人物が世の中の大多数に存在しなければ「浮気や不倫は繰り返される」と考えられるのです。

人が自身の感情を自在にコントロールする世の中は「誘惑・魅力」に捕らわれない「間違いの無い」世界であり、 そのような社会が存在したならば「興信所は廃業」になると言えることでしょう。

 

TOPICS