依頼人が想定する浮気調査の結果

依頼人が想定する浮気調査の結果

探偵が日夜実施している浮気調査は「依頼人の思惑」にそって実施され、調査を実施した結果が「思惑に反した結果」であっても調査費用は発生し請求されます。
もし、依頼人の想い込みが強く「探偵の調査結果が受け入れ難い事実」だった場合には探偵とのトラブルに発展する危険性が高くなります。

依頼人が調査により「自身が欲する結果を強く願えば願う程」に調査を実施した探偵への負の感情は高まることになります。
調査結果が想定通りの案件は希であり、探偵にとっては良い状況にないことは言うまでもなく、 依頼人が調査に費やした調査費用の金額が高くなればなるほど「納得のいかない調査」との判断になると言えるのです。

このような悪循環ともとれる流れは「探偵と依頼人の間に起こる可能性が高い状況」と言えるのです。
生活センターに寄せられる苦情に「調査結果に見あわない費用」がありますが上記のような状況がこのような苦情に繋がるケースと言えるのです。

仮に探偵と御依頼者が相談段階で「実施される調査によって想定される悪い結果」も事前に話し合うことが出来れば「ここまでの悪循環には発展しない」と言えるでしょう。
依頼人は悪い調査結果も受け止める覚悟をもって「調査を実施し費用も想定する」と言えることでしょう。

ここまでのお話しで「依頼人が想定する浮気調査の結果が受け入れられる結果であるか?」は探偵の良心や適正な業務が実施されているかに関わる問題であることが多くの皆さんにご理解いただけたことでしょう。

探偵が良心的に相談者の相談に乗り「探偵が持つ過去の調査実績や経験からの判断」により「相談内容の浮気調査を実施した場合に想定できる問題点」を調査実施前に説明できていたならば「このようなトラブルや悪循環は一掃される」と言えることでしょう。

優良で誠実な探偵や興信所が調査に関わる相談を実施した場合には「経験から想定される御相談者に及ぶ不利益」についてご説明を事前に実施しています。
当然ながら調査後に御依頼者が納得の行かない調査結果を得たとしてもトラブルに発展することはありません。

ただ一部の悪質な探偵業者は上記のような「説明不足な状況下での調査実施」を何とも思わないのです。
このような探偵業者は「高額な調査費用を請求」し「調査費用に見あった調査結果が得られない」状況になると言えるのです。

 

TOPICS