将来を見据えた浮気調査

将来を見据えた浮気調査

浮気調査が必要となる状況は幾つかのパターンが存在しています。
単純に浮気を疑う気持ちや不安な心情から浮気調査を実施される御依頼者も存在しますが、 多くの方は「浮気調査を必要とする目的が存在し」ご自身を取り巻く環境に変化を求めて浮気調査を実施する傾向があるのです。

目的のない浮気調査は「感情に流された浮気調査」の領域でしか機能しないばかりか 「ご自身の気が済むか済まないか」の為だけに実施される浮気調査にしかならないのです。
御依頼者が望む将来や変化の為に実施される浮気調査とは全く異なることがご理解いただけることでしょう。

多くの人物はある程度の年齢に達すると「我が強く」なり自身の考え方や行動を変える事が困難になるものです。
浮気を繰り返す人物に「改心し、やり直す機会」を設ける事は悪いことでは無いといえますが、 「悪い癖がまたでた・・・」の言葉に代表されるように「浮気を繰り返してしまう」人物が思いの外多く存在し 「夫婦関係を継続するには難しい」状況に陥ってしまうのです。

浮気の事実を認識していても家庭内での立場が弱く「パートナーにやりたい放題な生活」をされ続けて 「夫婦関係の継続が困難」と考えられる精神的苦痛を強いられている。
このような状況で新たな生活を望まれるご相談者は「浮気調査が必要」と判断出来ることでしょう。

夫婦間に最も必要とされるお互いの思いやりは全く存在しないばかりか、「同じ過ちを幾度となく繰り返し」そのたびに傷つき我慢をしなければならない。
御依頼者が求めるささやかな幸せを土足で踏みにじる浮気は大きな過ちに他ならないと言えるでしょう。

浮気調査の結果を基に「パートナーの浮気を制止して家庭や夫婦の関係に変化」を求める。

この考え方で「パートナーが浮気の無意味さ」や「浮気が原因で失うモノ」等に自ら気がつき、 「家族の信用を失う」愚かな行為であることを認識し反省するならば「意味のある浮気調査を実施」出来たと言えることでしょう。

そして、理想とするささやかで「穏やかな日常生活」に少しでも近づけるよう「退屈でも一歩一歩着実」に家族で歩みたいと思い実施される浮気調査は「将来を見据えた浮気調査」と言えるのです。

 

TOPICS